派遣の短期バイトが直接雇用の長期バイトより高時給のワケ

求人情報を見ていると派遣の短期バイトの時給は通常のアルバイトより高いと思いませんか?飲食店のホールスタッフの時給が800円だとしても派遣されてきた短期バイトの時給が1000円だったなんてことはよくあります。同じ仕事内容なのになぜ金額に差があるのでしょう。

派遣先の会社や店は派遣スタッフ個人に給料を支払わず、まず派遣会社に支払います。そこから中間マージンをいくらか引かれた金額が派遣スタッフの手に渡るという仕組みです。しかし中間マージンを引かれていても給料として受け取れる金額は多いですよね。それにはいくつかワケがあります。

人員不足を派遣で補うと、直接雇用するために求人広告をだしたり面接をするコストが削減されます。直接雇用された人は会社が費やしたコスト分引かれた金額が時給となりますが、派遣の場合はそのコストがかかりません。そのため純粋に働いた時給で貰えるのです。

直接雇用をする会社はそれだけ人材を確保するのにコストがかかっているということなのです。ほかにも派遣先が派遣会社に人材を求めてから実際に仕事をするまでの日数が短いことや、交通費や保険を負担しなくて済む点、いきなりの人材オファーにも対応してくれる点などが短期バイトとはいえ派遣にお金がかかる理由なのです。

それでも急な人材不足に対応してくれる派遣会社は店や会社にとってなくてはならない存在です。会社や店には社員とアルバイトがいて成り立っています。さらに会社や店のピンチに呼び出されるのが短期バイトをする人です。それぞれが助け合っているからこそ社会が成り立っているといえるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ