販売の短期アルバイトをしていて歯がゆかったこと

販売の短期アルバイトの体験談をご紹介します。

タバコ販売後、父親が小学生中学年くらいの息子に投げ与える光景を目にしました。

突然与えられて、息子は驚き、喜ぶ。
注意したかったけど、バイト中で並ぶ人々がいる。

そもそもどういう言葉で注意していいものか分からない。
下手な表現でバイト先に迷惑をかけたくないしね。

気持ちとしては、父は子供の事を考えていないとしか思えない。

法律もだけど、家族関係がみえた。
注意の方法ないのかと後々まで考えました。

小学生や中学生でも一人で買おうとする子がいる…ああ、親ですね。
売るわけないから、ひどく悪態をつかれる。
子どもの悪態は可愛くて笑える。

以前、子供の頃から親にタバコを勧められて以来愛用している人とお見合いした。
一つ年下なのに、皮膚ひどい。
子供の事考えると、タバコを子供に与える家族と関わりたくなかった。

タバコを与える家族に注意したい。
どうしたら良いのかと今でも考えます。
短期アルバイトでも販売のお仕事をしていると色々な方を見ます。

おそらく今回のようなお客以上の方も中にはいらっしゃいますので、販売の仕事は人としての経験値を高めることができると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ